宅建 通信講座

全教振グループの通学同等型講座

宅地建物取引主任者の資格取得を目的とした専門講座。給付金対象講座です。
東京法科アカデミーが開講。

通学同等型の宅地建物取引主任者コース

社会人、主婦、学生はもちろん定年後でも活躍できるということで受験者は後を絶たない人気の資格。受験資格もありません。

通学専門コースの指導経験豊富な一流講師陣が徹底指導。

「宅建業法」「権利関係」「法令上の制限」などの法律分野もしっかり定着させます。

▼無料の講座案内資料で検討することから始めて下さい

全教振グループの通信講座で資格取得へスタート!!

宅建を取得することで

就職・転職の武器になる

不動産取引などに関する法的知識は多くの業種で必要とされています。

宅建の知識は様々な場面で活用できることから、就職・転職の武器としてアピールするには最適の資格といえるでしょう。

宅建主任者の幅広い活躍の場

不動産業界

不動産取引で契約を締結する際の重要事項の説明などは、宅建主任者以外の人は行うことができません。

不動産の売買・交換・貸借の仲介(代理・媒介)などの業務を主とする会社に有利に働く資格です。

宅建業者

宅建業者は、その事務所の従業者5名に1名以上の割合で専任の宅建主任者をおかなければなりません。

宅建業を営むのに宅建主任者がどうしても必要なのです。

金融業界

宅建の知 識が活かされる場は不動産関連ばかりではありません。

金融機関が不動産を担保として融資する際、物件の評価をしなければなりません。ここで宅建の知識が活かされます。

他資格へのステップアップ

不動産鑑定士、司法書士、ファイナンシャルプランナー、土地家屋調査士、行政書士、マンション管理士等、これらの資格の試験科目は宅建試験と一部重なっていますので、宅建の知識が活きてきます。

宅建主任者講座のカリキュラム

法律分野の試験対策も万全

売買契約の成立(権利関係) 開発行為(法令上の制限)
地価公示の対象地域(価格の評定)
長期譲渡所得と短期譲渡所得との区分(土地建物の税金)
干拓地(土地建物の常識) 他

全教振グループの通信講座で資格取得へスタート!!

全教振 3つのこだわり!専門講座

通学と同じ方法で学習できる CD-LM-VIP講座

疑問は早期解決が秘訣 マンツーマン指導

ピンポイント学習でムダを省く! 最短2ヶ月で合格

▼▼まずは無料の講座案内資料で学習意欲をかき立てましょう
Click Here!

全教振 給付金対象講座 一覧

全教振 医療系資格 医療事務
全教振 福祉系資格 介護福祉士 社会福祉士 保育士
管理栄養士 福祉住環境コーディネーター
全教振 法律系国家資格 行政書士 司法書士 宅建 社会保険労務士 通関士
全教振 実務系国家資格 旅行業務取扱管理者
スキルアップ講座 インテリアコーディネーター カラーコーディネーター 簿記検定